らいぽん工房

〜 よせばいいのに手作りです。 〜
Factory

フード付きハーネス

2003年5月下旬撮影

私はかわいいものが大好きです♪
洋服もかわいいものが好きですが、己を知っているのでいつも服装は至ってシンプル。

この夢は、シャターラお嬢様に実現して頂きましょう!

ということで、かわいいハーネスを作成してみました。



私は手芸が好きです。

が、下手の横好きでして、真っ直ぐ縫うことなんて出来ませんが。
ホントに縫い目はお見せできないくらい汚いです。(汗)

しかも飽きっぽいので裁断までして、ほったらかしということが多々あります。(汗)

しかし、ウサギのハーネスって小さいのですぐ縫えるので、途中飽きることなく完成しました♪

それに比べて人間の服は裁断までが大変です〜。

ちまたでは犬の洋服の型紙はたくさんありますが、ウサギ用のものなんて見たことがありません。

仕方ないので型紙から自作です。
幸い十数年前、家庭科で習ったことだけは覚えていたので、型紙もなんとか出来ました。

問題は布地の選択です。


 試作品一回目:

可愛いチェックのプリント地で作成しかけたのですが、なんだかカッパのようになってしまい途中で断念しました。

原因を考えた所、布の表面に表情がないのが敗因と思いつきました。


う〜ん。私は材料の選択も苦手です。
布の選択だけで手芸店で1時間は悩むタイプなのです。それなのに失敗することが多い。


そこで、ここは無難にデニム地にすることにしました。
シャターラのお耳とおそろいのピンクのデニム地を選択し、内側に可愛いプリント地。
そして周囲にレースを。本当はファーを使いたかったのですが時期はずれの為入手できませんでした〜。

これが、TOPの写真のハーネスです。
お嬢様、ハーネスを付けてくつろいでくれました。

そういえば、シャターラはこれが初ハーネス。

ウサギの中にはハーネスを嫌がる子もいるようですが、シャターラは大丈夫のようです。
毛繕いをするお嬢様。

うつむいたとたん、フードをかぶってしまいました。
フードと胴体部を縫いつけなくちゃ・・・

ちなみに、このハーネスを早速らいぽんに見せたところ、
「おしめか?」と言われました。

ううっ。やっぱり材料の選択は苦手です〜。