RABBIT SHOW in OSAKA 2002

〜 大阪ラビットショー 〜
主催:ARBA OSAKA RABBIT CLUB

会場に到着!

センイシティ2号館に到着したものの、中は広い!
エレベーターはどこだ!?

なんとか、他の人の後をついて行き無事会場入りを果たしました。

中に入ると、ずらりと並んだテーブルに、いるわいるわ。
いろんな種類のウサギに会えて感動!

ほんとは写真も撮りたかったんだけど、
シャイな私は声をかけられず、撮ることが出来ませんでした。
(しゅん〜)

画像をクリックすると、大きくなります。

会場の様子

今回の同行ウサギ達を紹介します。

左下から、
・桃矢さん家のレイ・オセロちゃん。
(ホーランド・ロップ)
・ライポン家のクリストファー。
(ホーランド・ロップ)
・大阪在住のムーンくん
(アメリカン・ファジーロップ)

以下、下の写真に続く。
同行ウサギ達の紹介。続きです。

左下のムーンくんの次から、
・ゆみこさん家のファニーちゃん。
(ネザーランド・ドワーフ)
・Yさん家のロビンくん
(アメリカン・ファジーロップ)

会場には、こんな感じで
たくさんのウサギが並んでいます。

見ているだけで嬉しい〜♪
オセちゃんと、我が家のクリス。
二匹は一緒に生まれた兄妹。

よく似ているでしょ?
背中のブロークンパターンも
そっくりなの。色は微妙に違って
オセちゃんは、黒。
クリスは、焦げ茶。

しかも、この日ショップからお互い
引き取られてから初めての再会
なのに、二匹は息もぴったりでした。

同じ向きに座り、同時に向きを変え、
同時に牧草を食べる。

...不思議...
これが、入賞すると貰える
リボンとプレート。

プレートは鏡に文字が入っていて
とてもきれいでした。
いつか、こんなの貰えるといいなぁ...
いよいよ、審査開始です。
まずは、ジャッジからご挨拶。

赤いエプロンの男性がジャッジ。
向かって左横の男性が通訳。

そして、向かって右の女性が
陰の通訳(笑)。
だって、アメリカ人の日本語は
難しいんだもん。楽しかったけど♪