Urchin 日記

〜 Urchin写真館 5 〜
O.S.Urchin

X’masスペシャル第三弾!

子ウサを撮影していたら、割り込んできた奴がいます〜

画像をクリックすると、大きくなります。

タイトル
『うさぎの盛り合わせ
子ウサギ風』

今回、かわいい写真が
たくさん撮れたので
いろんな人に見て頂いた
ところ、一番うけたのが
これです。

上記のタイトルを既に
付けた状態で
見せたせい!?

でもこのショップ出身の子は
このお皿が好きなのか
よく入っています。
 おや?

子ウサギを押しのけて
お皿に入っている奴が...

アーチン、何故お前が
ここに...??
突然現れた大人ウサギに
子ウサギ大興奮!

みんなアーチンの元に
集まり、我先にと
アーチンの下に
入っていきます。

アーチンの右に少し見える
黒いのは、既にお腹の
下に潜った子ウサギです。
子ウサギのあまりもの
興奮に、ショップのお姉さんに
救出されるアーチン。

でも子ウサギは、みんな
アーチンから離れません。
アーチン:「ふーやれやれ。」
って感じかな?

写真には撮ってないけど
私の一目惚れした
ホーランドの
ブロークン・チンチラの子が
特にアーチンにぴったり
くっついてました。

ああ、一足違いで
売れちゃうなんて、
惜しいことした〜!










すみません。



上のコメント、少し(?)嘘があります。



















一番喜んでいたのはアーチンです。



子ウサギが自分からアーチンの下に潜り込んだのは、本当です。























ただ、この日(というか常に)発情していたアーチンは、子ウサギ相手に
カクカクカクカク...
頭だろうと、何匹下に潜り込んでいようとお構いなし。

ああ、アーチン!やめて。恥ずかしい〜っ!!!



4枚目の写真で、ショップのお姉さんに救出されたのは
子ウサギですね。これじゃあ...



どうして、こういうことになったかというと、
撮影の前日、一匹の子ウサギに一目惚れした私が
ウサギの二羽飼いを悩んでいたら(ウサギの複数飼いは難しいのです。)
ショップのお姉さんが、試しにアーチンと子ウサギを会わせてくれたのです。

人間は噛むくせに、子ウサギは噛まないということがわかりました。
大人になっても仲良く出来るといいんだけど。
(でも、人間にも優しくしてね♪)

この日、二羽飼いのお客さんがウサギ連れで来店されていて
あまりもの仲の良さに、私もうっとり〜♪

とりあえず、アーチン。頼むからもう少し落ち着いてくれ。